賃貸物件の敷金の役割

賃貸物件を契約するときに、まずは「前家賃」や「仲介手数料」など決められたお金を支払いますよね。

その中に「敷金」というものがあると思います。

この敷金、なぜ支払わなければいけないのか?よく理解せずに支払っている人も多いのではないでしょうか。

簡単にいうと、敷金とは「入居している間家主に預けておくお金」です。

賃貸物件は退去時に、入居前と同じ状態に戻す「原状回復義務」というものがあります。

例えば住んでいる間に壁紙を汚してしまった…などのものですね。

退去時に壁紙を張り替えたりするために、この預けたお金を使用します。

要するに、敷金は退去時にかかるお金をあらかじめ支払っておくものです。

預けたお金なので、退去時に原状回復のために使ったお金が少なければ、差額は戻ってきます。

例えば敷金を15万円支払って、原状回復に10万円使ったならば5万円帰ってきます。

ですから、決して無駄なお金ではないと考えて払っておくといいでしょう。

最近は敷金ゼロ円プランなどもありますが、この場合は退去時に預けてあるお金がないため、原状回復にかかった金額はその時に支払うことになります。

先に払うか後に払うか…

どちらがいいかはその人それぞれですから、自分の合っている方を選ぶといいでしょう。